ヘッドスパ

ドライヘッドスパはなぜ眠る??どんな理由があるか探してみた。

眼精疲労と頭皮マッサージ専門店【ナマケモノ】

 

今回の記事はヘッドスパについての記事になっています。

 

ドライヘッドスパを受けた人もこれから受ける人にも読める記事なのでぜひ最後まで読んでくださいね。

 

女性読者Aさん
美容室でたまにヘッドスパをやってもらう時は寝たことなかったんだけど、ドライヘッドスパを受けるときは必ず寝てしまうのはなぜなんですか??

 

結論から言うと『リラックス』している深さが違うのと『ヘッドスパ』『ドライヘッドスパ』は同じようで違うからです。詳しく解説していきますね。
『ナマケモノ』代表 KOUICHI

 

本記事で解決していくお悩み

  • ヘッドスパとドライヘッドスパの違いは?
  • ドライヘッドスパの効果は?
  • ドライヘッドスパで寝てしまう理由は?
  • 値段によっては眠れないの?

 

この記事は3分で読めますので最後まで読んでみてくださいね。

 

ヘッドスパとドライヘッドスパの違いは?

この質問は多いので説明していきますね。

 

ヘッドスパは?

ヘッドスパは美容院などで行われている技術の一つで、『頭皮の洗浄』『リラクゼーション』『髪と頭皮の活性化』を目的としたマッサージです。

 

クレンジングすることにより、頭皮の毛穴に詰まっている皮脂を落としたり、頭皮をマッサージすることで血行をよくして栄養分をいきわたらせれます。

 

そうすることで健康な毛髪や地肌を作っていくことができるということです。

毛髪や頭皮の毛穴の改善が目的とされています。

 

ドライヘッドスパは?

ドライヘッドスパの目的は深いリラックス効果と快眠を向上させる目的としています。

水もオイルも使うことなく脳に最大限の癒しを与え安心で効果的な頭の揉みほぐしです。

 

ドライヘッドスパは頭皮を重点的にほぐすことで、深いリラックス効果と日常で疲れている脳を最大限に癒して、整う自律神経のおかげで、その場で快眠できるように促します。

 

どちらも頭の改善に変わりはないのですが、ヘッドスパは頭皮や毛髪のクレンジングや修正で、ドライヘッドスパは深いリラックスや上質な快眠を目的とします。

 

同じ『スパ』という名前でも違うことが分かりますね。

では次のステップにいきましょう。

 

ドライヘッドスパの効果は?

 

結論から言うとドライヘッドスパは、こういった5つの効果があります。

 

  • 不眠の改善
  • 自律神経を整える
  • 頭皮の血行促進
  • 小顔効果
  • 首や肩こり、眼精疲労や頭痛の改善

 

不眠の改善

不眠の原因は沢山あると言われていますが、頭で言うと『頭のコリ』が脳を緊張させてしまい質の良い睡眠がとれなくなります。また頭が固い(頭の筋肉)と脳を圧迫させてしまい、『ℬ波』がでて興奮しやすい状態になってしまうことで交感神経が活発になり、あまり寝た気がしなかったりします。

頭を揉みほぐしてあげることで身体や脳がリラックスし、副交感神経が優位して質の良い睡眠が取れやすくなります。

 

自律神経を整える

自律神経は内臓の働きや代謝、そして体温などをコントロールする為に、交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は体を動かしたり、会話したりしている時に活発になり、副交感神経は寝ている時やリラックスしている時に活発になります。

自律神経の乱れは日々の生活や疲れ、様々な原因によって起こります。そうなると不安やダルさ、睡眠不足にもつながってしまいます。

 

頭皮の血行促進

頭皮の血行促進は髪に栄養を運んでくれやすくなります。その為、頭皮の状態は良くなり、髪の健康維持や髪のアンチエイジングにも非常に効果的ですね。

 

小顔効果

頭の筋肉をほぐしていくことで、連(つら)なっている顔の筋肉も刺激しほぐすことにつながります。

そうなると顔のむくみやたるみの改善や、リフトアップの効果も期待できます。この効果で顔が引き締めらることで、小顔効果にも繋がります。

 

首や肩こり、眼精疲労や頭痛の改善

頭の筋肉のコリ、そして血流を改善することで、首や肩のコリを緩和してくれます。

特に眼精疲労の緩和には期待できます。デスクワークやスマホなどを触る方に見られる症状なのでデスクワークやスマホで溜まった疲れを取るのにも効果的です。


 

合わせて読みたい記事もどうぞ。☟

こちらもCHECK

ドライヘッドスパがヘッドスパと違う理由を分かりやすく解説します。

続きを見る

 

 

ドライヘッドスパで寝てしまう理由は?

ドライヘッドスパを受けると、ほとんどの方は寝てしまいます。

なぜそうなってしまうのか、、、解決していきましょう。

※是非ここは最後まで読んでくださいね。

 

『ナマケモノ』代表 KOUICHI
冒頭でも言いましたが、結論は『リラックスの深さ』です。

 

ドライヘッドスパはヘッドスパと違い『集中しやすい』こともあげられます。

 

ヘッドスパの場合、水やトリートメントを使うので途中で流したりなど少し音や動きなどで完全には眠ることができなかったりします。(※寝る方もいるので絶対ではないのでご了承ください)

 

ドライヘッドスパの場合、何もつけないで行う無水マッサージなので、途中で流したり少し音や動きがでることはなく、集中して施術を受けることができます。

 

また頭部の筋肉が凝ってしまうと、脳に強い影響を与えてしまいます。筋肉の凝りが自律神経を乱し、頭痛や頭疲労などストレスが起きてしまいます。

 

しっかりと頭部の筋肉を理解し、揉みほぐしてあげることで自律神経が整い深いリラックス効果が期待され安心して眠りについてしまうということです。

 

『ナマケモノ』代表 KOUICHI
ベットや音響もリラックスできる効果の一つですね。

 

ベットは体が負担にならないように基本的にはフルフラットで寝れるベットであることと、音響は一番眠りを誘う4000ヘルツほどの高周波音を含む音楽をかけることでより、深いリラックスした状態になりながら眠気を誘います。

 

こういった眠りに入ってしまう環境や技術や効果がかさなって眠たくなってしまうんですね。

 

値段によっては眠れないの?

ドライヘッドスパでも値段相場は違います。

3000円ぐらいからコースによっては20000円近くのお店もあります。

値段が安いから眠ることができないということはありません。が値段が高い方が施術する環境やサービスは良いです。

 

おすすめな価格設定は6000円~7000円ぐらいの相場価格が無難です。

もしドライヘッドスパで眠りたい人はお店の環境やサービス、プラス料金を見て決めるといいですよ。

(※あくまでも参考までにお考え下さいね)

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

今回はこんな疑問を解決しました。

  • ヘッドスパとドライヘッドスパの違いは?
  • ドライヘッドスパの効果は?
  • ドライヘッドスパで寝てしまう理由は?
  • 値段によっては眠れないの?

 

ドライヘッドスパで眠ることができるのは『リラックスの深さ』が重要なんですね。

技術やサービスや環境もしっかり選んで、上質のある睡眠を体感しにいってみてくださいね。

-ヘッドスパ

Copyright© 眼精疲労と頭皮マッサージ専門店 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.