ヘッドスパ

ドライヘッドスパって痛い?!『痛くない』が本物です。

眼精疲労と頭皮マッサージ専門店【ナマケモノ】

 

今回の記事ではドライヘッドスパは『痛い』のかどうか?を、ドライスパ二スト本人である筆者が数々のスパを受けてきた経験をもとに解説していこうと思います。

 

本記事の内容

  • ドライヘッドスパとは?
  • ドライヘッドスパは本当に痛いのか!?
  • 指圧を強くしすぎる原因
  • 髪を引っ張ってしまう原因
  • 『ナマケモノスパ』は痛くない
  • ドライヘッドスパ技術指導

 

この記事は6分で読み終えることが出来ます。

 

ドライヘッドスパとは?

 

『ナマケモノ』代表 KOUICHI
まずはドライヘッドスパとは何なのか?

 

ドライヘッドスパは美容室などで水や、専用の頭皮トリートメントなどを使って行う施術ではなく、無水で行うリラクゼーションマッサージです。(無水ヘッドスパとも言われていたりします)

 

頭は体内で処理できなかった毒素が溜まってしまう場所で、ストレスや心身の疲れも頭で処理すると言われています。

簡潔に言うと『深くリラックスして眠る』頭皮のマッサージです。

 

ドライヘッドスパの最大の特徴は、体全体を瞑想類似状態に導くことができる事と脳疲労改善を行い、一人一人が持つ潜在的能力を引き出してくれるリラクゼーションの手法の一つです。

特に脳が疲れている人はおすすめします。

 

こんな症状の方、あてはまる方は是非。

・夜中や朝方に目が覚めてしまう

・あまり眠れない

・自分では分からないけどなぜか疲労がたまっている

・考えていることがうまくまとまらない

・やる気があまりでない

・時々理由もなく不安な気持ちになる

・理由もなくいらいらしてしまう

 

では次にまいりましょう。

 

ドライヘッドスパは本当に痛いのか?

 

『ナマケモノ』代表 KOUICHI
結論から言いますと痛くありません。

 

ですが『痛い』と感じる原因はありますので、そちらはあとで説明しますね。

ドライヘッドスパは無水で行うマッサージで、美容室で行うヘッドスパは髪や頭皮にトリートメントやスキャルプなどを付けて行うので、すべりが良かったり直接的な圧は少し軽減したりします。

 

一方ドライヘッドスパは直接的な圧がかかるので、デリケートな頭皮には『力強さ』は必要ありません。

疲れが溜まっているからと言ってグリグリ押したりしてしまうと、かえって逆効果だったりします。

 

指圧を強くしすぎる原因

指圧を強くしすぎる原因としては、経験不足か間違えた場所をおしているかの2択です。

経験不足は単純に人の頭で練習や経験をつんでいない事から、デリケートな頭(頭皮)に適切な力加減をくわえることが出来ないと言う事です。

こればっかりはしっかりと勉強や経験をつむしかないでしょう。

私自身も『ナマケモノスパ』を世に出すまで100人以上のモデルさんを経験しました。

 

間違えた場所を押しているというのは、頭のツボがあり、その位置をちゃんと把握せず指圧してしまうと痛い場所があると言う事です。

しっかりと経験値が必要です。

 

髪を引っ張ってしまう原因

まず一つは、経験不足。

ドライヘッドスパは、あまり専門的に学ぶ場が無いというの現実です。

有名なドライヘッドスパスクールなどもありますが、そのまま技術だけ先に覚えて独立という方も少なくはないのです。

練習相手がいなかったり、技術の向上をする事ができなかったりするからです。

特に長い髪の女性をマッサージする時は、指ぬきという技術が必要になるのですが簡単にできる事ではないので、経験がないとできないという理由もあります。

 

もう一つは、知識不足。

ドライヘッドスパは『睡眠』がコンセプトであるお店も多く、店内ではあまり大きな声で喋ることはできずほとんどが施術時間で、あまりお客様とコミュニケーションがとれない弱点があります。

その為どうしても技術だけが先走りしてしまい、良いと感じて行う技術がお客様にとっては痛かったり、引っ張ってしまっていたりします。

しっかりと、知識と技術の両方でお客様を満足させてあげれるようにしないといけませんね。

 

『ナマケモノスパ』は痛くない。

『ナマケモノ』代表 KOUICHI
まず、自信をもって痛くありません。と伝えたいです。

 

当店のナマケモノスパは、『頭のストレッチ』をテーマとしています。

頭(脳)は日々生活する上で動いていて、自分自身が知らないうちに頭の筋肉は凝り固まり疲労へと繋がります。

頭(脳)の疲労を取る『頭のストレッチ』は、頭にある筋肉、前頭筋、側頭筋、後頭筋を、強すぎない力で時間をかけてゆっくりと揉みほぐします。

詳しくは『ナマケモノとは?』をお読みください。

 

痛いドライヘッドスパは必要ありません。

逆に強いマッサージがお好みの方は、町中のマッサージ屋さんか、美容室のヘッドスパで力加減強めでマッサージしてもらうことをお勧めします。

 

お家でドライヘッドスパ体験

もしお店でドライヘッドスパを受けるのはまだちょっと不安だ、、、という方はお家で疑似体験をしてみるのも良いかもしれません。

ドライヘッドスパ二ストがおススメするたった一つの頭皮マッサージ器を使えば確実に『痛くはありません』

 

ReFa(リファ) MTG リファグレイスヘッドスパ

 

この商品しか正直お勧めできません。

数多くマッサージ器がある中で、一番『頭皮を動かす』パワーが強いからです。

ドライヘッドスパの特徴として髪や頭皮に何もつけずに行う無水ヘッドスパなので、水分が含んでいる頭皮や髪と比べて正直、頭皮を動かす力(揉む力)がより必要になってきます。

このリファはその理解を一番していると感じました。

機械的な動きだから髪が引っ張られたりして痛いんじゃないの?と思うのですが、全く痛くありません。

独自の動きで髪に絡むのではなく、頭皮をしっかりと動かすので問題ありません。

是非気になった方は使ってみて下さい。

ReFa(リファ) MTG ReFa GRACE HEAD SPA (リファグレイスヘッドスパ)

 

ドライヘッドスパ技術指導

ドライヘッドスパの技術指導は主に、ドライヘッドスパスクールなどを開講している所から学ぶことが多いでしょう。

知識や理論、技術や接客、経営などが学べ1週間ほどあれば所得できるでしょう。

早く現場に立ちたい人であれば、ドライヘッドスパ専門店に勤める事で研修という形でお給料をもらいながら学ぶことも可能でしょう。

 

これはどちらが正解とかではなくご自身がどう学びたいかにもよるでしょう。

私自身はもともと美容師で、頭や頭皮に関しては知識量が抜群にあるので『ナマケモノスパ』は完全オリジナルで生み出しました。

時間をかけじっくり考えだした技術をこれから形にし、学びたい方に提供していけたらなと思っています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事で、6つの目次を解説しました。

  • ドライヘッドスパとは?
  • ドライヘッドスパは本当に痛いのか!?
  • 指圧を強くしすぎる原因
  • 髪を引っ張ってしまう原因
  • 『ナマケモノスパ』は痛くない
  • ドライヘッドスパ技術指導

 

ドライヘッドスパが痛いという事は基本的には無い事なので、もしご来店前に痛いのかな?と思った方にこの記事が読まれることを願います。

少しでもお役に立てていれば幸いです。

 

 

 

 

-ヘッドスパ

Copyright© 眼精疲労と頭皮マッサージ専門店 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.