ヘッドスパ

ドライヘッドスパで自律神経の乱れは改善されるのか解説します。

眼精疲労と頭皮マッサージ専門店【ナマケモノ】

 

今回の記事では『ドライヘッドスパを施術する事で、自律神経の乱れは改善できるのか?』について書いていこうと思います。

自律神経の乱れは心や身体を決して良い方向にもっていっているわけでは無いので、しっかりと改善できるようにしていきましょう。

 

本記事の内容

  • ドライヘッドスパとは?
  • 自律神経とは?
  • ドライヘッドスパで改善できるの?
  • どういったケアをしたら良いの?

 

この記事は5分で読めるようになっております。

是非最後までご観覧ください。

 

 

ドライヘッドスパとは?

ドライヘッドスパは美容室などで、水や専用の頭皮トリートメントなどを使って行う施術ではなく、無水で行うリラクゼーションマッサージです。(無水ヘッドスパとも言われていたりします)

 

頭は体内で処理できなかった毒素が溜まってしまう場所で、ストレスや心身の疲れも頭で処理すると言われています。

簡潔に言うと『深くリラックスして眠る』頭皮のマッサージです。

 

ドライヘッドスパの最大の特徴は、体全体を瞑想類似状態に導くことができる事と脳疲労改善を行い、一人一人が持つ潜在的能力を引き出してくれるリラクゼーションの手法の一つです。

特に脳が疲れている人はおすすめします。

 

ドライヘッドスパの効果も解説

 

『ナマケモノ』代表 KOUICHI
ではドライヘッドスパの効果を解説します。

 

5つ解説します。

  • 不眠の改善
  • 自律神経を整える
  • 頭皮の血行促進
  • 小顔効果
  • 首や肩こり、眼精疲労や頭痛の改善

 

不眠の改善

不眠の原因は沢山あると言われていますが、頭で言うと『頭のコリ』が脳を緊張させてしまい質の良い睡眠がとれなくなります。また頭が固い(頭の筋肉)と脳を圧迫させてしまい、『ℬ波』がでて興奮しやすい状態になってしまうことで交感神経が活発になり、あまり寝た気がしなかったりします。

頭を揉みほぐしてあげることで身体や脳がリラックスし、副交感神経が優位して質の良い睡眠が取れやすくなります。

 

自律神経を整える

自律神経は内臓の働きや代謝、そして体温などをコントロールする為に、交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は体を動かしたり、会話したりしている時に活発になり、副交感神経は寝ている時やリラックスしている時に活発になります。

自律神経の乱れは日々の生活や疲れ、様々な原因によって起こります。そうなると不安やダルさ、睡眠不足にもつながってしまいます。

 

頭皮の血行促進

頭皮の血行促進は髪に栄養を運んでくれやすくなります。その為、頭皮の状態は良くなり、髪の健康維持や髪のアンチエイジングにも非常に効果的ですね。

 

小顔効果

頭の筋肉をほぐしていくことで、連(つら)なっている顔の筋肉も刺激しほぐすことにつながります。

そうなると顔のむくみやたるみの改善や、リフトアップの効果も期待できます。この効果で顔が引き締めらることで、小顔効果にも繋がります。

 

首や肩こり、眼精疲労や頭痛の改善

頭の筋肉のコリ、そして血流を改善することで、首や肩のコリを緩和してくれます。

特に眼精疲労の緩和には期待できます。デスクワークやスマホなどを触る方に見られる症状なのでデスクワークやスマホで溜まった疲れを取るのにも効果的です。

 

合わせて読みたい記事☟

参考ドライヘッドスパがヘッドスパと違う理由を分かりやすく解説します。

続きを見る

 

自律神経とは?

 

『ナマケモノ』代表 KOUICHI
皆さんは『自律神経』という言葉は聞いたことがあるけど実際は何?と思っている方も多いはずなので解説していきます。

 

本来、人間の体の中には沢山の神経があります。

その中で内臓の働きなどを調整したりしているのが『自律神経』です。

自律神経が乱れてしまうと心や身体に様々な支障がでてしまうので注意が必要です。

 

自律神経は『昼』『夜』の2種類の神経があります。

1つは、昼間や活動している時に活発になる『交感神経』と、夜間やリラックスしているときに活発になる『副交感神経』の2種類があります。

この2種類の神経がどう関わってくるかによって心や身体の調子は変わります。

交感神経が強く動くと血液が上がってしまい瞳孔が拡大して、心と身体が興奮状態になります。

一方、副交感神経が優位になれば、心と身体が休んでいる状態になっています。

この2つの神経のバランスが崩れてしまうと自律神経が乱れます。

例えば、人間関係による悩みや仕事でのプレッシャーやストレス、働きすぎによる肉体疲労、昼夜が逆転してしまっているような生活を続けていると、自律神経の乱れの原因になると言われています。

ストレスなどを感じてしまいやすい現代だと交感神経の方が過剰に働いているケースが多いので、心を穏やかにする副交感神経を優位にさせるには意図的にリラックスできるようにすることも大切です。

例えば瞑想したり音楽を聴いたり、お風呂にゆっくり使ってみてはいかがでしょうか?

そうすることで副交感神経が優位になり心と身体を穏やかに保つ(たも)ことが出来ますよ。

 

ドライヘッドスパで改善できるの?

 

『ナマケモノ』代表 KOUICHI
結論から申すと、『改善しやすい心や身体を作れる』です。

 

ドライヘッドスパを受けている時の時間は、自律神経を整えることができると確信しています。

かといって1回のドライヘッドスパを受けたからと言って確実に自律神経の乱れが根本的に改善されるかというと、そうではありません。

当店がコンセプトとして抱えている『穏やかで質の高い睡眠』は、自律神経の副交感神経を優位にさせる空間と技術をご用意しているので、初めの内は月に2回ほど継続的に施術をすることで、心と身体を自律神経の乱れから改善しやすい状態を作っていくことができます。

 

現代人は日常生活するうえで、知らぬ間に身体に力が入りがちな方がほとんどです。

ストレスや緊張など様々な要因があります。

そうなると、心も体もリラックスできているようにみえて、実はできていなかったりします。

一つの方法として『ドライヘッドスパ』も考えてみても良いかもしれませんね。

 

どういったケアをしたら良いの?

では自律神経改善にはどんなケアをしたら良いのでしょうか?

自律神経は、自律神経失調症になる恐れがあります。

自律神経出失調はひどくなれば、うつ病や不安障害の病気になってしまう事もあります。

 

だいたいの原因はこの4つからくることが多いです。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレスの多さ
  • 生活習慣の乱れ
  • ご自身の性格など

 

ではどんなケアがあるんでしょう?

 

1つは医師や専門医による診断とお薬です。

何人もの患者さんをみてきた専門医が確実に適切なケアや摂取すべきお薬などを教えてくれます。

本当にひどくてつらい時は頼るのも仕方ありませんね。

 

2つ目は『マインドフルネス』です。

自律神経の乱れの原因であるストレスに臨床心理学的に有効なケアでおすすめしたいセルフケアです。

『マインドフルネス』は、『今、この瞬間』に意識を集中させるという事です。

 

例えば、自分自身の今の呼吸に集中することです。

そうすると、嫌な感情や、嫌な出来事から距離を置くことができます。

結果、嫌な感情や出来事から注意をそらすコントロールや、自分の嫌な感情や出来事から距離を置くスキルを獲得することが出来ます。

 

マインドフルネスのスキルを身につける上で、『自分自身の呼吸に意識を向ける』という方法があります。

時には雑念や考え事をしてしまい、呼吸から意識が離れてしまう時もあるでしょう。

それも良しとして、また呼吸に意識を向けなおし、繰り返すことでマインドフルネスのスキルを身につけることが出来ます。

是非試してみたくださいね。

 

3つ目は『ドライヘッドスパ』です。

ドライヘッドスパでは心身ともにリラックスできる効果があるので、自律神経の副交感神経を優位にさせることが出来ます。

癒しの空間で心を癒し、様々な神経やツボが通る頭皮をマッサージする事で、体のストレスや不調を整えることが出来ます。

是非一度体感してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は4つの項目を解説しました。

  • ドライヘッドスパとは?
  • 自律神経とは?
  • ドライヘッドスパで改善できるの?
  • どういったケアをしたら良いの?

 

自律神経の乱れは誰しもが起こってしまう可能性は秘めています。

日常から見直し、自分自身と向き合うことも大事です。

大きく深呼吸し、呼吸を整えリラックスしてくださいね。

-ヘッドスパ

Copyright© 眼精疲労と頭皮マッサージ専門店 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.